ランニング費用を抑えてRPAを利用するコツ

日本では将来人口の減少が懸念されると同時に、「生産年齢人口」である15歳から64歳の人口の減少も問題となっています。将来的なこの問題を解消すべく掲げられたのが「働き方改革」です。それは「一億総活躍社会実現に向けたチャレンジ」であるといいます。全ての人があらゆる場所・あらゆる場面で活躍できる(働くことができる)社会を目指すというものです。とは言っても、なかなか外に働きに行けないという境遇の人も多くいるのが現状です。政府はこうした人にも働いてもらいたいという考えなのです。その為には、普通に職場に行って一日働いて帰宅するというパターンだけではなく、それぞれの事情に合わせた働き方ができるようにすることが大切です。そこで注目されているのがRPAによる業務・費用対効果なのです。

RPA導入によるホワイトカラー業務の効率化

近年、工場等では、製造ロボットによる業務の自動化が増えてきています。これにより製造ラインでは、スタッフが長時間労働を強いられずとも、24時間フル稼働で作業は進みます。これをホワイトカラー(定型業務の事務作業)部門で行うのがRPAです。RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)は、自動化したい事務作業の内容を覚えさせたソフトウェアロボット(これをデジタル・レイバーと言います)を用いてパソコン上で作業させるものです。RPA導入のメリットは、稼働中は「仕事を辞めず」・「仕事を休まず」・「ミスをしない」ことです。ロボットなので疲れることもなければ休憩も不要です。更に落ち度もありません。離職してしまうこともありません。同作業をマンパワーでやるより、人件費や作業時間が大幅に削減できるのです。ここに、RPAの費用対効果が生まれるのです。

苦痛や疲弊による離職の防止に繋がるRPA

RPAの導入により、仕事量によってスタッフが残業を強いられることなく、勤務時間の短縮にもなります。必ず定時で上がれる、或はスタッフの事情に考慮した勤務時間の設定が可能な職場なら、離職せず長く働くことができます。生活が変わっても変わらず働ける職場は大変魅力的です。会社としても、スタッフの離職が減り残業も減らせれば、新たな雇用にかかる経費など余計な人件費と残業代が減らせることは大変有益だと思います。RPAの導入費用は、ほんの数か月で元がとれてしまうことが多いようです。勿論、イレギュラーが起こった際に対応できるスタッフは必要です。RPAは事務作業の効率を上げることにより、必要なスタッフがより働きやすい環境を作り上げ、生産性の向上に繋げることにその意義があるのです。