ツールや性能で異なるRPAの費用を比較する

少子高齢化が進み人員不足の現在、作業の効率化を図るためにRPAの導入を検討している会社は多いです。RPAを導入した際の主なメリットとして、業務の効率化・人為的ミスの防止・費用の削減があげられます。今回はこの費用の削減について解説していきます。まず、RPAを導入することにより、日常業務にかかっていた人為コスト・新人教育にかかる教育コストを削減する事ができ、人為的に確認していたチェック業務を行う時間が削減できることで人件費と時間も削減する事ができ、ほかの業務を行うことができます。企業により多少の誤差はありますが、一般的に20%~50%のコスト削減になるといわれています。また、ロボットを使用することにより、低コストで24時間365日休むことなく業務を行うことができます。

RPAの導入で削減できる費用と業務とその方法

RPAで行うことができる業務はいくつかあります。例えば、データ入力やコピー&ペーストなどルールや手順が決まっている単純作業・社内ITシステムの管理やデータ読み込みなどのデータ収集や分析・システムのメンテナンスやシステム不具合対応などの監視・電話の自動対応やメールの自動返信等のカスタマーサポートなどがあげられます。マニュアル化された単純作業であればRPAを導入することで、自動化することができ、その業務に使っていた時間と人件費を削減する事ができます。RPAを導入する際に必要な手順としては、まず導入を考えている業務を見直します。今行っている業務の中で不要な手順がないかなどの確認し、自動化できる業務を選び、仮導入します。この仮導入でRPAとの相性を確認し、よければ本導入するという手順になります。ただ、この時に導入したことで削減できた費用と導入・運用コストを確認し利益があるかしっかり確認します。

RPAの仕様で異なる費用の比較

RPAのツールには2種類あります。一つはデスクトップ型で1台のパソコンごとにRPAのインストールをする必要があり、パソコンの使用に特化した業務限定で使用できます。初期費用は低めですが、大量のデータ処理には不向きです。もう一つはサーバー型でサーバーにRPAをインストールすることで集中管理する事ができ、複数のパソコンで利用することが可能です。大量のデータを扱う事ができますが、初期費用は高めです。自動化したい業務によって対応しているシステムが変わってきます。システムには自由度の高い汎用型とマニュアル化された業務が得意な特化型があります。汎用型は自由度が高いですが設定するのに時間がかかるのと、システム変更をする際のメンテナンスが必要です。特化型は事務作業に特化しており、一連の業務がマニュアル化されていて、細かい設定も不要で使いやすいが、各部署に特化したRPAの導入が必要な為、高コストになります。