RPAの導入と運用にかかる費用の相場を案内します

RPAの導入と運用に対する費用は、ツールによって大きく変動します。いくつかの代表ツールの中でも、年間税抜で約52万円と比較的安価なものから700万円を超えるものまでと、標準価格だけでも大差があります。また、導入の規模やツールのラインナップによっても標準価格は変わります。ツールの運用方法として、買取型や年間利用型、レンタル型など複数提供しているところもあり、中には導入内容によっては要相談であったり、ツールを利用する作業内容によっては価格を抑えたり無料で利用できたりする場合もあります。ツールにより種類や対応できる作業内容は様々なので、一概に費用だけで決定するのではなく、導入したい作業と使用状況に一番適したツールを選択することにより、費用を最低限に抑えることが可能となります。

RPAによる費用削減可能な業務と削減方法

RPAの導入により費用削減可能となる業務は多種多様です。表計算ソフトや文書作成ソフトにおける作業手順の自動化といった事務作業の効率化、バージョン管理やスケジュール管理などのデータやシステムの管理もあります。更にはオペレーター業務においては、操作画面に応じ顧客との対話音声を認識し、顧客情報を自動作成しながら必要な情報をリアルタイムで表示して作業員の仕事をサポートすることも可能となります。こうした定型業務だけでなく、非定型業務の自動化も一部対応可能としていてバックオフィス系の業務を得意とするツールもあります。使い方によっては事務作業全体の8割以上を自動化することができます。業務の規模によって最適なツールは違ってきます。大規模導入の場合はサーバーでの中央管理タイプが適していますが、デスクトップタイプならライトに始められます。効率化したい業務によってツールの設定をカスタマイズすると良いです。

RPA導入時の注意点と発展方法

RPAの導入によって費用削減を実現させるには、いくつか注意点があります。ツールの選択を間違えるとかえって作業の効率を落としてしまう可能性があります。代替のツールを導入するとなると、再投資が発生するなど会社の負担が大きくなる恐れもあります。ツール導入時に後悔しないためにも、導入後の利用シーンや数年後を見据えた利用状況もイメージすることが正しい選択するためのコツです。また、ツールの購入だけでは導入は難しいので、コンサルティングのための費用も含有した予算になるように調整しましょう。ツールの発展の際、扱うデータを拡大するため、AIと組み合わせて運用することにより業務を更に効率化することもできます。例えば、AIの技術を利用して画像や音声情報をRPAが扱える形式データに変換し、RPAによって自動化できる業務の拡大を可能とすることができます。

格安なスモールスタートプランもご用意しています。 全国どちらでもサービス提供し、利用ユーザの規模を問いません。 CIOやIT部門マネージャー向けには、レポート機能やダッシュボード機能も充実しています。 インシデント管理など、スモールスタートが可能。 実際にシステムに触れていただく、無料トライアルやハンズオンセミナーを実施しています。 RPAの費用についてSmartStageに聞いてみよう